株式会社誠起

0745-72-3507
水のことならまずはお電話を!

光触媒
PHOTOCATALYST
PHOTOCATALYST

光触媒とは?

光触媒とは、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称です。
触媒とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものであり、光触媒は、光によって特定の化学反応を進める物質であると言えます。

当社が利用する光触媒

現在、光触媒物質として知られている物質は、酸化チタンと酸化タングステンの2種類だけで、当社は、その一方である酸化チタンを利用しています。

酸化チタンが光触媒となるのは、1967年、東京大大学院生だった藤嶋昭氏が、酸化チタン電極に紫外線を当てることで水を水素と酸素に分解できることを発見したのが最初で、本多健一・東大名誉教授と共同発表したことから「ホンダ・フジシマ効果」と呼ばれています。光触媒は、まさにmade in Japanの技術なのです。

なぜ、光触媒なのか?

<安全性>

主成分が酸化チタン。
食品、化粧品に使われている安全物質です。

<経済性>

太陽光や蛍光灯の光のエネルギーと水分でだけで反応するため、エネルギーの消費が少なく、「酸化チタン」は安価で、資源的にも豊富なため、コストが少なくすみます。

<強い分解力>

分解力が強いと言われる塩素やオゾンより強い分解力を持っています。

光触媒の原理

光触媒の原理
  1. 光触媒(酸化チタン)に光があたる。
  2. 大気や水中の酸素や水分を分解して酸化チタン表面から強力な酸化剤である活性酸素が生じる。
  3. 活性酸素が、有期化合物(排気ガスの汚れ、細菌、ウイルス、悪臭など)を水や二酸化炭素などに分解。

実用化段階に到達した当社の光触媒殺菌装置

光触媒殺菌装置

国内の下水処理設備、民間工場の排水処理設備の大半は「活性汚泥法」という微生物により汚濁物質を分解させることで排水を浄化していますが、処理水を放流する際に殺菌性能が高い塩素系殺菌・消毒剤を処理水に投入する方法を採用しています。
塩素は、他の物質(元素)と容易に結合して異なる性質の物質となり塩素化合物をつくりますが、結合する塩素原子の数が多いほど毒性が強くなり、条件によってはPCB、クロロホルム、トリハロメタン、ダイオキシンなどの猛毒物質や発がん性物質を生成します。
これらは安定性が非常に高く、分解が困難という特性を生かして、持続効果を要求される農薬や殺菌消毒剤、電気部品(絶縁)、麻酔薬などに使われてきた歴史がありますが、その有毒性から現在では生産や使用が法律で禁止されている塩素化合物も多くなっています。

昨今の世界規模での環境意識の高まりから世界で広く普及している塩素系殺菌・消毒剤について代替手段の検討・研究がなされており、当社は光触媒作用を活用した塩素系殺菌・消毒剤に代替する光触媒殺菌装置の開発をスタートさせ、ようやく実用化の段階に到達しました。

光触媒殺菌装置の用途

排水処理の高度処理(着色排水の処理)

お茶、珈琲、紅茶の製造工程からの排水、染色工場からの排水など、排水に色がついているものは活性汚泥法などの微生物による浄化では、色の成分を分解することは出来ないため、除去することができません。しかし、光触媒作用による浄化装置では、これらの色を分解できるので、無色透明な処理水を得ることができます。

排水処理の高度処理(難分解物質の分解除去)

処理水の循環再利用を行う場合や、微生物の分解力では分解除去できないCOD-crの汚れを分解します。

排水処理の前処理(処理不可能な排水を処理可能とする)

化学工場では生分解が困難な物質が多く使用されています。そのような成分が排水処理場に流れ込むと、活性汚泥設備の微生物が異常を起こし、トラブルに見舞われるため、多くの工場では産業廃棄物処理を行っています。
光さえ透過できれば難分解性排水を分解することが可能ですので、産業廃棄物処理を行わずとも自社の排水処理設備で処理が可能となります。

実証実験のご案内

第1段階

排水の組成成、BOD、COD-cr、TOCなどの各種分析値を参考にして検討します。

第2段階

次のステップとして光触媒実験機を工場に持ち込んで実際の原水による実証テストを行います。
実証実験を通じて、分解除去効率を導出し、実機のスケール、見積もりを行います。

導入プロセス

STEP1 電話、ファックス、メールによりお問い合わせください。

0745-72-3507
0745-72-3511
bioseiki@aqua.ocn.ne.jp

STEP2 現状をヒアリングさせていただきます

排水の内容、日間の水量、各成分の濃度など。

STEP3 原水の分析に関するご提案

原水を分析して、設計に用いる各種分析値をもとめます。

STEP4 実証実験のご提案

実験機を持ち込んで実際の原水での実証実験を実施します。

STEP5 実験結果の報告

実験結果を報告し、実機に関するスケール、概算見積書を提出します。

お問い合わせ
CONTACT
CONTACT

お見積りやご質問など、お気軽にお問い合わせいただけます。

0745-72-3507

0745-72-3511

bioseiki@aqua.ocn.ne.jp

topに戻る